あさひトレイルZEROtoZERO海から戦国時代の山城跡を巡るトレイルって何?

朝日町

こんにちは!ひ~ちゃんママです。

朝日町で今年も、「あさひトレイルZEROtoZERO2019」が開催されます。

このイベントを楽しみにしている方や、初めて参加したいと思う方らっしゃいますよね。

このイベントは、何と、海抜0メートルのヒスイ海岸をスタートし、戦国時代の山城跡を巡りながら里山を走り抜けるトレイルラン(舗装路以外の山野を走る)です。

昨年度も多くの人が参加し、大盛況でした。

今回は、富山県朝日町で、9月21日に開催される「あさひトレイルZEROtoZERO2019」について紹介します。

大会の歴史

富山県の新川地区の有志の方々が、2017年1月15日に「あさひトレイルラン」研究会を立ち上げたのが最初だそうです。

朝日町は、海から山までのコンパクトな地形が特徴です。

その特徴を利用して、コースを選びトレイルランの実施にこぎつけたようです。

実行委員の方々は、この開催まで大変苦労されたと思います

コンセプトは、スポーツのみにフォーカスしているのではなく、スポーツイベントを通して自然環境保全などにも目を向けているようです。

公式サイトによると、次のように書かれています。

スポーツイベント等を通して、自然に対する感謝の気持ちを育み、地域が持つ特性や魅力を多くの人に感じていただき活性化につなげていく活動を、地域の皆さんと一緒に取り組んでいくことを目指しています。

とても、意義ある目標を持っておられることがよく分かります。

大会のハイライト

大会のハイライトはなんと言っても、コースの凄さです。

このコースの図のように、海抜0メートルのヒスイ海岸をスタートして、再考標高344メートルの里山を走り抜きます

コースの高低差を見ても凄いですよ。

この図に解説しているように、昔は武士や忍者などが山城を攻めるために走り抜けたコースです。

平安時代は、源平合戦の頃

木曽義仲が、この地に北陸の宮をお連れして、平家を打ち破るために蜂起したと言われています

<※詳しいことはこちらから!!>

また、承久の変の時代には多くの武士がここで戦ったとも言われています。

そんな、歴史を感じながら、走るのも意味深いですね。

参加者の声

昨年参加したした方のFacebookにあがっていた声を集めてみました。

吉田岳生さんからのコメント
『海と山の景色を楽しみながら気持ちよく走らせていただきました。スタッフ、ボランティア、地元の方々からの応援も温かく、たくさんの元気をもらいながらゴールすることが出来ました。(*^^*)
今年もこの素敵な大会をおもいっきり楽しみたいと思います。

本田さおりさんからのコメント
『海に山に朝日町の自然を大満喫。ふかふか贅沢トレイルコースを今年も走れることを楽しみにしています。

今年の参加を楽しみにしている方々の声に、スタッフも気合いを入れているようですよ。

大会の概要

開催日

2019年9月21日(土)

7:30  受付

9:30  スタート

15:00 フィニッシュ制限時間(5時間半)

申込期間

2019年 5月18日(土)~8月17日(土)

参加費

6,000円〔記念品・保険料・コース整備費等を含む〕

申し込み方法

e-moshicom〔https://moshicom.com/29433〕

集合場所

カルチャーセンターみやざき

〔富山県下新川郡朝日町宮崎1196〕

アクセス

距離

25.7km〔D±1.110m〕

定員

300名

ボランティア募集

大会の開催に当たって、ボランティアを募集しています。

ぜひ、ボランティアに参加してください。

大会運営

当日にの運営のスタッフとして、コース誘導・エイド・救護・受付 等

約100名募集中!

申し込みは事務局またはHPをご覧ください。

コース整備

トレーニングの場として、通年お楽しみいただけるようコース整備を行っています。草刈り、補修、階段の整備などにご協力いただけるボランティアを随時募集しています。

 

 

 

お問い合わせ先

あさひトレイルラン研究会事務局

〔あさひコミュニティホールアゼリア内 担当/上原〕

〒939-0744
富山県下新川郡朝日町平柳688
TEL・FAX 0765-83-2000

e-mail    trail@asahimachi.com
HP http://asahi-trail.com
FacebookあさひトレイルZEROtoZERO(@asahitrail)

タイトルとURLをコピーしました