新潟・山形の地震役立つ情報 | 水の確保が第一・赤ちゃんには液体ミルク

未分類

昨夜起きた新潟県山形県の地震。

被災地の皆様、大丈夫ですか?

また、近隣の県の皆様も不安な夜を過ごしていらっしゃると思います。

少しでも役立つ情報を提供できればと思います。

緊急な方に!

津波警報や注意報がある場合は、すぐに高台に逃げる。

日本海は、特に津波が到達するのが速いと言われているので、警報が出た場合はすぐに逃げる。

今回津波の予想の高さは1メートルとニュースで出ていました。

1メートルの津波に遭遇すると、確実に死ぬそうです。

50センチメートルでも、大人でも死ぬ可能性が高いそうです。

すぐに海に近い場所に住んでいる方は、避難場所に避難しましょう。

原則、海と平行に逃げない。直角に逃げること!

スマホは低電力モードに

スマホは、なるべく低電力モードに!

液晶の明るさを最大限に押さえましょう。

不必要なアプリは切る。

171+1+電話番号で 伝言を残すことが出来ます。

171+2+電話番号で 伝言を聞くことが出来ます。

 

飲料水を確保しましょう

兎に角、飲料水を確保しましょう。

 

不安な夜にすぐに出来ること

断水を予測して水を確保する

地震で、停電や断水になる場合が多いです。

水を確保しましょう。

○ ペットボトルや水筒などに飲料水を確保する。

○ 風呂場の湯船に水をためておく。(水洗トイレの使用等に必要)

○ コンビニなどで、水を購入する

食料を確保する

家族が、困らない程度の食料を確保しておくことは大切です。

○ すぐに食べることが出来る物

パンやおにぎりなど

○ 赤ちゃんがいるような場合は、液体ミルクがお勧め

お湯がなくても常温で保存できる液体ミルクは、いざというとき必要です。

枕元に、懐中電灯と履き物を準備しておく

夜中の地震で困るのは、停電です。

まず懐中電灯は必須

大きな地震の場合は、ガラスが割れたりするので、履き物を枕元に置いておくと良いです

 

新聞紙はとても便利

新聞紙はとても便利です。

災害用の非難グッズに入れておきましょう。

新聞紙活用方法

1 簡易トイレを作る

段ボールの箱に、新聞紙を敷いて、ビニル袋を入れる

2 地面の上や汚れた場所でも敷くと座ることが出来る

3 寒さをふせぐ

4 たたんだり折ったりして、入れ物や履き物にもなる

 

灯りの拡散

懐中電灯の上にペットボトルを乗せると、灯りが拡散してとても明るくなります。

 

まとめ

不安な夜を過ごしていらっしゃる皆さん、少しでも役に立てばと思って、記事を書いてみました。

津波も現在は大丈夫だと言うことで、ちょっと安心しています。

今後の情報に、注意してくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました