歴史散策

明治天皇行在所跡って何?どの県にもある?夏休み自由研究のポイントも!

明治天皇は、全国を巡幸した言う話は聞いたことがあります。歴史好きの私ですが、我が町に昔から明治天皇の行在所という場所があり気になっていました。以前は、公園になっていて小さな家があったのですが、現在は整備され記念館になっています。明治天皇が本当にこんな田舎にまで来られたのか?また、みんなが天皇を今のように見ることが出来たでしょうか?また、歴史好きのお子さんにとっては、もしかしたらあなたの待ちにある行在所を調べることで、夏休みの自由研究にも生かせるポイントもまとめてみました。
歴史散策

散歩道で見つけた縄文の地 | 夏休みの自由研究お勧めスポット

不動堂遺跡は、5,000年前の縄文時代中期の遺跡です。この地域は昭和の初め頃から、水田や用水路などでいくつも遺物が見つかっていたそうです。昭和48年頃、水田の整備をするために大規模に土を掘り返す事業が行われることになり、詳しい発掘調査をすることとなったそうです。実際には、多くの遺物や遺跡が見つかりました。
歴史散策

散歩道で見つけた縄文土器 | 夏休みの自由研究に最適!子供と一緒に「まいぶんKAN」

散歩道で見つけた物は、なんと縄文土器。散歩道の途中、我が町の「まいぶんKAN」で見つけました。「まいぶんKAN」は、富山県朝日町にある埋蔵文化財保存活用施設です。中に一歩入るとそこは古代ロマンに包まれます。そんな「まいぶんKAN」のことを詳しく紹介します。
タイトルとURLをコピーしました