【きょうの料理】蒸しおこわいなりレシピと感想(土井善晴)(1/15)

きょうの料理

こんにちは!ひ~ちゃんママです。

きょうの料理、1月2週目は土井善晴先生のお料理自由帖です。

今回の土井先生の料理は、2月の初午の日に因んで、油揚げを使ったいなり寿司。

それも蒸しおこわいなりです。

難しそうですが、手順をしっかり守ればそんな難しくはありません。

手順を丁寧に踏んで、おいしい蒸しおこわいなりをつくりましょう。

蒸しおこわいなりの放送日

蒸しおこわいなりの放送日は次の通りです。

  • NHKEテレ 本放送 1月15日(水) 午後9:00~9:25
  • NHKEテレ 再放送 1月17日(金)午前11:00~11:25

 

蒸しおこわレシピと感想

蒸しおこわレシピ

材料:24個分
<おこわ>
もち米:カップ2
酒:カップ1/2
塩:小さじ1/2
白ごま:大さじ1<油揚げの炊いたん>
油揚げ(すし揚げ):12枚
二番だし:カップ2
砂糖:60g
しょうゆ:大さじ3紅ショウガ(あれば):適量

<作り方>

<おこわを2度蒸してつくる>
1 もち米は洗って水に浸して一晩おき、水気をきってざるなどに移す。蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で20分間蒸す。蒸しムラができないように途中で一度上下を返す。
※脚付きの網(バット用など)を入れ、その上にざるを置くと、蒸気が回りやすくなります。
2 大きめのボウルに酒と塩を入れてよく混ぜる。蒸したもち米を加え、ムラ無く混ぜる。
3 もち米をざるに戻し、再び強火で20分間蒸す。1と同様に途中で上下を返す。
4 もち米を少し食べてみて、好みの蒸し加減になっていれば、盤台に移す。白ごまを振り入れて混ぜ、固く絞ったぬれ布巾をかけて冷ます。
※少し食べてみて、堅く感じたら水を手で全体にふり(打ち水)、上下を返して2~3分間蒸します。これを好みの加減になるまで繰り返します。

<油揚を炊く>
5 鍋に湯をたっぷり沸かして油揚げを入れ、落とし蓋をして10分間ほど煮る。
6 落とし蓋で油揚げを押さえ、鍋を傾けて湯をきる。二番だしと砂糖を加え、落とし蓋をして中火で5~6分間煮る。
7 しょうゆを加え、落とし蓋をして弱火で煮汁が少し残るくらいまで、30分間ほど煮る(写真3)。落とし蓋をしたまま冷まし、味を含ませる。

<おこわを詰める>
8 おこわは1個25gほどに小さく握って丸める。これを24個作る。油揚げは数枚ずつ形を整えて重ね、対角線で半分に切る。

9 油揚げを袋状に開き、煮汁を軽く絞る。おこわを入れて指でギュッと押し隅まで詰め、口を閉じる。

いっちゃんママ

2度餅米を蒸すことで、もちもち感が増します。いなり寿司は今まで普通の白米で作っていましたが、餅米は、すごくもっちりして美味しかったです。

 

なめことろろのレシピと感想

<材料>(2人分
生なめこ:1/2パック(正味70g)
山芋(長芋・大和芋・つくね芋・じねんじょなど好みのもの):80g
・しょうゆ
<作り方>
1 生なめこは石づきを切り落として小房に分ける。鍋に入れて水カップ1/3を加え、中火で1分間煮て、煮汁ごと器に盛る。
2 山芋は皮をむき、薄い輪切りにしてからせん切りにし、包丁で軽くたたく。
3 1に2をのせ、しょうゆ適量をかけて食べる。

いっちゃんママ

大和芋で作りましたが、サクサクの食感となめこのとろとろ感の相性がピッタリです。

春雨のうま煮レシピと感想

<材料>(2人分
春雨(乾):50g
合い挽き肉:50g
にんにく(粗みじん切り):1かけ分
赤とうがらし(小口切り):小さじ1/2
水溶き片栗粉【かたくり粉:大さじ1/2、水:大さじ1】
・サラダ油・こしょう・砂糖・しょうゆ・ごま油
<作り方>
1 春雨は熱湯で3分間ゆでて水にとる。冷めたらざるにあげて水気をきり、食べやすい長さに切る。
2 フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、にんにく、ひき肉をいれてフライパンを動かさずにひき肉が色が付くまでおき、返して同様に焼く。こしょう少々ふり、赤唐辛子、砂糖大さじ1を加え、しょうゆ大さじ1と1/2を鍋肌から回し入れて炒め合わせる。
3 春雨を加えて水カップ1/2を加えてなじませる。煮立ったらよく混ぜた水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、大根おろしを広げ入れ、みつばを散らしてサッと煮る。
いっちゃんママ

春雨は、麺のようにスルスルと食べることが出来るので、食欲のないときにもお勧めです。水溶き片栗粉でとろみも付いているので、口当たりもよくて、高齢の方にも食べやすいです。我が家は90代の祖父母がいるので、とてもありがたいレシピでした。

 

さらに、詳しいことを知りたい方は、こちらもどうぞ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 



まとめ

今回は土井善晴先生の「蒸しおこわいなり」のレシピを紹介しました。

おこわのいなり寿司って、面倒なように思いましたが、手間をかけることで美味しさが増します。

ぜひ試してみてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

きょうの料理1月7日「白菜のチンジャオロースー」レシピと感想
お正月も過ぎ、すっかりおせちに飽きた頃ですね。 冬野菜の代表と言えば、白菜です。 値段も安くて、使いやすく、みずみずしい。 八宝菜やおひたしなど、シャキシャキして美味しい白菜。 今回はそんな白菜をよりおいしく...

 

タイトルとURLをコピーしました