【きょうの料理】”たれ”で楽する晩ご飯「お助け甘酢甘酢」レシピと感想(1/14)

きょうの料理

こんにちは!ひ~ちゃんママです。

2019年4月号でとても好評だった企画「”たれ”で楽する晩ごはん」の第2弾が、1月12日から放送されます。

教えて下さるのは、本田あきこさんと、杵島なおみさんです。

杵島さんの甘酢シリーズは、体に良い酢を無理なく取れて、いつもの料理をおいしく仕上げるお助け甘酢です。

煮立てると酸味がまろやかになるので、活用しやすくなります。

多めに作っておけば、味付けに困ったとき、料理が面倒になったときに本当に重宝します。

今回は1月14日放送の「”たれ”で楽する晩ご飯:お助け甘酢」のレシピや作った感想を紹介しますね。

 

おたすけ甘酢の放送日

おたすけ甘酢の放送日は次の通りです。

  • NHKEテレ 本放送 1月14日(火) 午後9:00~9:25
  • NHKEテレ 再放送 1月15日(水)午前11:00~11:25

 

お助け甘酢のレシピと感想

お助け甘酢レシピ

作りやすい分量
酢:カップ1
砂糖:大さじ6(約55g)
塩:大さじ1/2作り方
ホウロウかステンレスの鍋日すべての材料を混ぜ、中火にかける。
煮たって砂糖が完全に溶けたら火を止め、冷ます。
※保存期間:冷蔵庫で約1ヶ月
<こんな使い方に!>
酢の物や甘酢漬け、油を加えてマリネに。しょうゆと混ぜて、さけや鶏肉の照り焼きに。しょうゆ、片栗粉と混ぜて、魚のあんかけに。豚の塊肉や鶏手羽元の煮汁に加えると柔らかく仕上がる。
いっちゃんママ

小瓶一瓶くらいの量です。家族の人数が多い場合は、多めに作っておくとよいです。マリネは勿論ですが、ドレッシング代わりに、カルパッチョを作るときにも便利です。

 

豚肉とカリフラワーの甘酢炒め

<材料>(2人分
【煮汁】
おたすけ甘酢:大さじ3
豚バラ肉(薄切り):100g
カリフラワー:1/2個’(200g)
・サラダ油・ごま油・黒こしょう(粗挽き)
<作り方>
1 カリフラワーは小房に分けてから、縦に2~3等分に切る。軸も食べやすい大きさに切る。豚肉は3cm幅に切る。
2 フライパンにサラダ油・ごま油各おおさじ1/2を中火で軽く温めて豚肉を並べ、ほぐしながらカリッとするまで2分間ほど炒める。
3 カリフラワーを加え、1~2分間炒め、汁けがほぼなくなったら、黒こしょう適量をふる。

いっちゃんママ

カリフラワーは半生に炒め、コリコリとした食感を楽しむと良いです。甘酢だけでシンプルに炒めるので、黒こしょうをたっぷりきかせると美味しいですよ。

さけのおろし煮

<材料>(2人分
お助け甘酢:大さじ4
生ざけ(切り身):2切れ(200g)
大根:300g
みつば(大):1わ
<作り方>
1 大根はすりおろし、軽くする汁気をきる(汁もとっておく。みつばはざく切りにする。さけは4等分に切る。
2 大根の汁に水を加えてカップ1と1/2にし、おたすけ甘酢とともに鍋に入れて強火にかける。煮立ったら、さけを加える。再び煮立ったら中火にしてアクを取り、5分間ほど煮る。
3 大根おろしを広げ入れ、みつばを散らしてサッと煮る。
いっちゃんママ

大根おろしの汁とお助け甘酢を混ぜることで、さっぱりと食べられます。見た目にも爽やかで、高齢の方にもピッタリです。

 

甘酢豚

<材料>(2人分
A【お助け甘酢:大さじ3、トマトケチャップ:大さじ2、水:大さじ1】
豚もも肉(しゃぶしゃぶ用):100g
ピーマン:2個(80g)
れんこん:(細)1節(100g)
・塩・こしょう・片栗粉・サラダ油
<作り方>
1 ピーマンはへたと種をくりぬき、一口大の乱切りにする。れんこんも同様に切る。Aは混ぜ合わせる。
2 豚肉は1枚ずつ広げて塩・こしょう各少々をふり、クルクルときつめに巻く。全体に片栗粉大さじ1をまぶす。
3 フライパンにサラダ油大さじ1と1/2を中火で熱して、2の豚肉を入れ、転がしながら、全体に綺麗な焼き色をつける。ピーマンとれんこんを加え、2分間ほど炒め合わせる。Aを加えて強火にし、からめながら1分間ほど炒め煮する。
いっちゃんママ

お助け甘酢とケチャップとの甘酢あん。かに玉や唐揚げなどに甘酢あんをかけるのも美味しいです。

 

水炊き

<材料>(2人分
A【おたすけ甘酢:大さじ3、水:カップ5】
鶏手羽先:6本(360g)
白菜漬け(市販):150g
しめじ:1パック(100g)
貝割れ菜:1/2パック(35g)
昆布(10cm):1枚
甘酢だれ3種:各適量
甘酢だれ3種
1 梅甘酢だれ
おたすけ甘酢:大さじ1+水:大さじ1+梅肉:大さじ12 柚子甘酢だれ
おたすけ甘酢:大さじ2+柚子の絞り汁:大さじ1+柚子の皮(せん切り):適量3 ごま甘酢だれ
おたすけ甘酢:大さじ2+練り胡麻(白):大さじ2+しょうゆ:大さじ1/2
<作り方>
1 白菜づけはザク切りにし、汁けを絞る。しめじは根元を除きほぐす。貝割れ菜は根元を除く。手羽先は先の部分を少し切りお年、骨に沿って切り込みを1本入れる。
2 鍋に昆布を敷いて、Aを注ぎ、手羽先を入れて中火にかける。煮立ったらアクを取り、ふたをして10分間ほど煮る。
3 白菜漬けとしめじを加え、5分間ほどにる。貝割れ菜を加え、サッと煮る。甘酢だれ3種を添える。
いっちゃんママ

3種類の甘酢だれを楽しむことが出来るので、楽しいですよ。うろんな味を楽しむことが出来るのも、甘酢だれのおかげです。

 

ぬくずし

<材料>(2人分
おたすけ甘酢:大さじ4
ご飯(堅めに炊いた温かいもの):300g
いり卵【溶き卵2個分、砂糖:大さじ1、塩:少々】
きゅうり:1本(100g)
・塩
<作り方>
1 小鍋にいり卵の材料を入れて混ぜ、中火にかける。固まりかけたら菜箸3~4本で混ぜながら30秒間ほど火を通す。火から下ろし、濡れ布巾にのせ、軽く混ぜる。再び中火にかけ、混ぜながら30秒間火を通す。保存容器に入れ、おたすけ甘酢を加えて冷蔵庫で一晩(6時間以上)おく。
2 きゅうりは小口切りにして。塩小さじ1/4をまぶし、5分間ほどおく。しんなりしたら水気を絞り、1に加えて5分間以上おく。
3 ご飯に2を加え、サックリと切るように混ぜる。
いっちゃんママ

炒り卵に甘酢で味を付け、甘酢炒り卵にするのが新鮮でした。しっとり柔らかくなるので、保存用にもとても良いです。また、甘酢はすし酢としても使えるので、ご飯に混ぜればあっという間に寿司飯ができますよ。

 

しょうがにゅうめん

<材料>(2人分
A【おたすけ甘酢:大さじ3、顆粒チキンスープの素(中華風):大さじ1/2】
そうめん:2ワ(100g)
しょうが(すりおろし):小さじ1
水溶き片栗粉【片栗粉:大さじ1/2、水:大さじ1/2】
細ねぎ(小口切り):2本分
<作り方>
1 鍋に水カップ3を入れて強火で沸かし、Aを加えて混ぜる。そうめんを加えて、混ぜながら1分間ゆでる。
2 しょうが、よく混ぜた水溶き片栗粉を順に加える。とろみがついたら器に盛り、細ねぎをのせる。
いっちゃんママ

おたすけ甘酢を加えたスープで素麺をゆで、とろみをつけてそのまま仕上げます。しょうがをキリッときかせアツアツを食べましょう。

 

さらに、詳しいことを知りたい方は、こちらもどうぞ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 



まとめ

甘酢だれは、煮物にも、酢の物にも、お寿司にも、サラダにもと、とっても応用範囲が広いたれです。

作り置きをして置いて、気軽に使いましょう。

色々とぜひ試してみてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

きょうの料理1月7日「白菜のチンジャオロースー」レシピと感想
お正月も過ぎ、すっかりおせちに飽きた頃ですね。 冬野菜の代表と言えば、白菜です。 値段も安くて、使いやすく、みずみずしい。 八宝菜やおひたしなど、シャキシャキして美味しい白菜。 今回はそんな白菜をよりおいしく...
タイトルとURLをコピーしました