【おかずのクッキング】1月4日「素材のレシピ・アボガド」レシピと感想

おかずのクッキング

こんにちは!ひ~ちゃんママです。

おかずのクッキング、土井善晴先生の番組です。

土井先生と言えば、とっても愉快でダンディな方ですね。

でも、料理には厳しい目をお持ちです。

そんな土井先生の料理番組「おかずのクッキング」は、素人にも簡単で、美味しく出来るそんなレシピが満載です。

2020年最初の放送は、1月4日です。

そして、1月4日の放送内容は次の通りです。

土井先生のレシピ:素材のレシピアボガド

規格コーナー:コウケンテツの牛すね肉と里芋の韓国風煮込み

今回は土井先生のレシピ、「素材のレシピアボガド」についてレシピと作った感想を紹介します。

 

素材のレシピアボガド紹介料理

素材のレシピアボガドでは、アボガドを使った料理が4品紹介されます。

アボガドは、生で食べることが多いですが、今回は炒めたり、スープにしたりと加熱して美味しく食べるレシピが紹介されます。

すごく料理の幅が広がって、楽しいレシピばかりです。

アボガドの焼きアーモンド炒め

アボガドスープ

ワカモレ

アボガドとのりのトースト

 

アボガドの焼きアーモンド炒め

材料(2人分)

アボガド:1個
アーモンドスライス:20g
塩:少々
植物油:大さじ1

 

作り方

  1. アーモンドスライスは炒って紙に取り出す。
  2. アボガドは縦半分に切って種を除き、皮をむいて食べやすい大きさに切る。
  3. 油を入れたフライパンにアボガドを入れて火にかけ、中火でゆっくり焼く。
  4. 焼き色が付いたら塩をし、アーモンドスライスを加えて混ぜ合わせる。

 

いっちゃんママ

アボガドを炒めるのは初めてでしたが、アーモンドの香りや食感とマッチして美味しいです。堅いアボガドでも、美味しく出来ます。

アボガドスープ

材料(2人分)

アボガド:1個
パイナップルジュース:200ml
オリーブ油、塩、こしょう:各適量

 

作り方

  1. アボガドは縦半分に切って種を除き、スプーンでくりぬく。
  2. アボガド、パイナップルジュース、塩ひとつまみをミキサーにかける。
  3. スープ皿に盛り、オリーブ油をたらし、黒こしょうをふる。

 

いっちゃんママ

とっても簡単な冷製スープです。オレンジジュースとアボガドとのコラボが、トロピカルでお子さんにも好評だと思います。色も綺麗なので、ちょとしたパーティーにもピッタリです。

 

ワカモレ

材料(2人分)

アボガド:1個
たまねぎ:40g
レモン汁:1/2個分
にんにく:2g
レッドペッパー、コリアンダーパウダー、塩:各小さじ1/3
こしょう:少々

 

作り方

  1. だまねぎは、みじん切り、にんにくは叩いてつぶし、皮をむいてみじんぎりにする。
  2. アボガドは縦半分に切って種を除き、スプーンでくりぬきボウルに入れ、ペースト状になるまでフォークでつぶす。
  3. たまねぎ、にんにくを加え、レモン汁、塩、レッドペッパー、コリアンダーパウダー、こしょうを入れて軽く混ぜ合わせる。
  4. トルティーヤやチップスにつけていただく。

 

いっちゃんママ

レモン汁が爽やかな味を醸し出しています。色が綺麗ですし、おしゃれなので、こちらもちょとしたパーティーにもピッタリです。

アボガドとのりのトースト

材料(2人分)

アボガド:1個
食パン(8枚切り):2枚
韓国のり:6枚
塩:少々

作り方

  1. アボガドは縦半分に切って種を除き、塩をする。
  2. スプーンでくりぬきファークで軽くつぶして、ちぎった韓国のりと混ぜる。
  3. 食パンをトーストし、アボガドをのせる。
  4. 耳を切り落として、4等分に切ってもりつける。

 

いっちゃんママ

韓国のりとアボガドとの相性が取っても良いです。こちらも色合いがすごく綺麗で食欲をそそります。

まとめ

今回は、アボガド素材のレシピを紹介しました。

アボガドは栄養価も高く、色も綺麗なので、サラダなどに入れることが多かったのですが、今回のレシピで、炒めたりスープにしたりと色々な手法で活用できることが分かりました。

このレシピをマスターすれば、本当に料理の腕が格段にあがるはずです。

ぜひ、アボガドを色んな食べ方で調理してみてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【おかずのクッキング】カニ風味かまぼこで(1/25)
おかずのクッキング、土井善晴先生の番組です。 土井先生と言えば、とっても愉快でダンディな方ですね。 でも、料理には厳しい目をお持ちです。 そんな土井先生の料理番組「おかずのクッキング」は、素人にも簡単で、美味しく出...
タイトルとURLをコピーしました