きょうの料理ビギナーズ12月16日上手に焼こうビーフステーキレシピや感想

クッキング

こんにちは!ひ~ちゃんママです。

「きょうの料理ビギナーズ」12月16にち放送(12月2日・12月30日)は、「上手に焼こう!ビーフステーキ」でした。

ビーフステーキは、洋食の最も定番の料理ですよね。

簡単そうですが、焼きすぎると硬くなるし、生っぽくて上手く焼けないという経験、私もあります。

今回はそんなビーフステーキを上手に焼くためのテクニック満載のれしぴになります。

そして、ビーフステーキにもう一品の「コーンポタージュ」と、「ガーリックポークステーキ」のレシピも紹介しますね。

今回は、『今日の料理ビギナーズ12月16日「上手に焼こう!ビーフステーキ」』で、定番の洋食料理をマスターしましょう。

クリスマスにも、ぴったりの料理ですよ。

 

ビーフステーキ材料

ビーフステーキ材料はとってもシンプルです。

材 料(2人分)

牛サーロイン肉(ステーキ用/約1.5cm厚さ):2枚(400g)
バター:10g
トマト(くし形に切る):1/4コ分(40g)
クレソン:適量
マスタード(好みのタイプ):適量
〔常備品〕塩・こしょう・サラダ油

 

ビーフステーキ・レシピ

 

<下ごしらえをする>

1 牛肉の両面に塩小さじ2/3、こしょう少々をふります。
※指の間から落とすように、少し高いところからふります。

 

<焼く>

2 フライパンにサラダ油小さじ1、バターを入れて中火にかけます。

3 バターが溶けてきたら1の牛肉を盛り付けるときに表になる面を下にして、並べて入れます。
※ステーキは脂肪の層を向こう側、幅の細い方を右に盛るのが基本

4 時々肉を持ち上げて、油を下に流しながら約1分30秒間焼きます。肉の下に油を流すことでしっかり焼き色が付きます。

5 返して同様に1~1分30秒間焼きます。肉が薄い場合は焼き時間を短めに、厚い場合は焼き時間を長めにします。

 

<仕上げる>

6 火を止めて、盛り付ける皿(電子レンジにかけられるもの)2枚にそれぞれ移します。

7 1枚ずつ、ラップをせずに電子レンジ(200W)に約1分間かけます。
※200Wがない場合は、100Wは2分間、150Wは1分20秒を目休み様子を見ながら調整します。
低出力(弱モード)が内場合は、調理する30分前に肉を冷蔵庫から出して常温に戻します。また、焼いた後温かい皿に盛り、アルミ箔をかけて約1分間おきます。

8 取り出してクレソン、トマトを森、マスタードを添えます。

 

 

上手に焼こう!ビーフステーキのポイント

<牛肉はサーロイン>

サーロインは、牛の背中の中央から腰に近い部分の肉です。

肉質は柔らかく、ステーキに最適の部位といわれています。

赤身の多いタイプは値段が手頃な物が多く、あっさりとした味わいです。

細かい脂肪がたくさん入ったタイプ(霜降り)は、非常に柔らかく、濃厚な味が楽しめます

好みで選びましょう。

 

<電子レンジの200Wを使います>

今回紹介するレシピでは、焼いた後に200Wの電子レンジにかけて仕上げます。

200Wは弱モード、弱キー、低出力などとも呼ばれ、解凍や低温調理に使います。

焼いた肉を低い出力の電子レンジにかけると、中までよく温まるので、冷蔵庫から出した肉を直ぐに焼くことが出来、肉を切ったときに肉汁が流れにくくなります。

機種によっては、100W、150W、300W等の場合もあります。

その場合は、100Wは2倍、150Wは1.3倍の時間を目安にしましょう。

300Wや500W、600Wなどで短時間かけると温まりすぎるので注意して下さい

 

ビーフステーキにもう一品「コーンポタージュ」

コーン缶を牛乳でのばしてつくる簡単スープ。

バターでたまねぎをよく炒めるのがおいしさアップの秘訣です。

材 料(2~3人分)

コーン缶(缶詰/クリームタイプ):1缶(380g)
たまねぎ:1/4コ(50g)

牛乳:カップ2
バター:20g
クラッカー:適量
〔常備品〕塩・こしょう

レシピ

1 たまねぎは、みじん切りにします。
2 鍋にバターとたまねぎを入れて、中火にかけ、バターが溶けてフツフツとしたら弱めの中火にし、約2分間炒めます。
3 たまねぎが透き通ってきたら、小麦粉大さじ1を加え、よく炒めます。
4 弱火にして、コーンを加え、よく混ぜます。
5 牛乳を3回に分けて加え、その都度よく混ぜて、溶き伸ばします。
6 中火にして、煮立ったら、塩・こしょう各少々で味を調えます。
7 器に盛り、クラッカーを割ってのせます。

 

ガーリックポークステーキの材料とレシピ

厚めの豚肉を、にんにくの香りを移した油でじっくり焼きます

上にもカリカリのにんにくをのせ、ダブルでにんにく風味を味わいます。

材 料(2人分)

豚ロース肉(ソテー用/約1.2cm暑さ):2枚(400g)
にんにく:2かけ

エリンギ:2本(100g)
オリーブ油:大さじ2
パセリ(みじん切り):大さじ1
〔常備品〕塩・こしょう

レシピ

<下ごしらえ>
1 豚肉は赤身と脂肪の間5~6カ所に包丁を刺して筋を切る。


2 両面に塩小さじ2/3、こしょう少々をふる。
3 エリンギは縦4~6等分に切る。
4 にんにくは薄切りにして、芯を除く。

<焼く>
5 フライパンにオリーブ油とにんにくを入れ、弱火で炒める。
6 カリッとしたら、取り出して、ペーパータオルにとる。

7 豚肉を盛り付けるときに表になる方を下にして、並べ入れ、中火にして焼く。
8 時々肉えお持ち上げて、油を下に流しながら、約1分30秒間焼く。
9 エリンギは時々返し、焼き色がついたら、塩・こしょう各少々をふって取り出し、パセリをふって混ぜる。

 

上手に焼こう!ビーフステーキを作った感想

ビーフステーキは、子供も、夫も大好きな料理です。

でも、お値段が高いので、しょっちゅうは食卓には上りません。

言い訳するつもりはありませんが、あまりステーキを焼く機会が無いので、どうしても焼き具合が上手くいかないので、困っていましたが、今回のレシピで、本当に上手く焼くことが出来ました。

焼いてからの→レンジというのは、目から鱗でしたね。

焼きすぎて堅くならず、でもしっかり焼けているのが本当に驚きでした。

ぜひ試してみて下さいね。

 

まとめ

今回は、「きょうの料理ビギナーズ12月16日上手に焼こうビーフステーキレシピや感想」というテーマでまとめてみました。

ビーフステーキは、洋食料理の基本中の基本ですね。

そして、ちょっとしたパーティー料理にも通用します。

クリスマスが近い時期です。

女子会やママ友とのちょっとしたパーティー料理の一品にぜひ出して見て下さい。

勿論、コーンポタージュも、ガーリックポークステーキも活躍しますよ。

ぜひマスターして、ご家族で、友達とわいわい美味しく食べてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

こちらのページもどうぞ!!

今日の料理ビギナーズ12月3日フライパンで簡単ローストビーフレシピや感想
クリスマスシーズンが近づいてきました。 クリスマスに作りたいお料理と言えば、何と言ってもローストビーフですね。 「ローストビーフって難しそう」「オーブンがないから出来ないわ」というお料理ビギナーさんに絶対にお勧めなのが、...
きょうの料理12月4日れんこんと豚肉のオイスター黒酢炒めレシピや感想
きょうの料理12月4日放送は、「れんこんと豚肉のオイスター黒酢炒め」でした。 れんこんは、シャキシャキとした歯ごたえが魅力の根菜です。 牛肉や豚肉との相性も良く、いろんな味付けが出来る根菜ですね。 今回の「れんこん...
きょうの料理12月11日残り物を一掃年末使い切りご飯レシピや感想
今日の料理12月11日放送は、「年末残り物一掃使い切りご飯」でした。 冷蔵庫の中のもの、どうすれば使い切れるのかって、結構悩みですよね。 今回のお助けレシピは、大原千鶴さんの快適な年越しのための必見スペシャル企画です。 ...

 

 

タイトルとURLをコピーしました